趣味

一眼レフカメラcanon eos kiss x9を買ったら趣味でプロ風な写真が撮れた

キャノンの一眼レフカメラ eos kiss x9を買ってみたら、想像以上に綺麗でプロみたいな写真がとれました。

カメラの購入から実際に撮った写真まで紹介します。

こんな方に読んでほしい
  1. 一眼レフカメラを買おうか迷っている
  2. 趣味で写真を始めたい
  3. キャノンのeos kiss x9について知りたい
  4. 一眼レフで素人がどんな写真を撮れるのか見たい

カメラの機種はcanon eos kiss x9

 

初心者向けの向けの一眼レフカメラをネットで調べていると、canon eos kiss x9 がおすすめだということがわかりました。

kiss x9は初心者におすすめのモデル

  • 初心者向けモデル
  • 値段がお手頃
  • 趣味でやるための機能は一通り備わっている
  • 比較的新しい(2017/7発売)

この4点が決め手でした。

ペンペン
ペンペン
上位モデルのcanon eos kiss x9i、kiss M(ミラーレスカメラ)はもっと高く、kiss x7は古いからWi-Fi機能がないよ〜〜

 

機種 x9 x9i x7
画素(画質) 2420万 2420万 1800万
最高ISO感度 25600 25600 12800
連写(秒間コマ数)
オートフォーカス 9点 45点
Wi-Fi あり あり なし
値段(ボディ) 4〜5万 6〜7万 2〜3万(中古のみ)

 

kiss x9、x9i、x7の性能はこんな感じですが、初心者には何が何だかさっぱりわかりませんでした。

とりあえず、値段がお手頃で性能も良いのがkiss x9なのです。

ペンペン
ペンペン
ISO感度とは「暗い場所でも綺麗に撮れるか」ってことだよ!!

kiss x9 の値段は6万円

 

カメラのキタムラで購入(2019年3月時点)すると

  • kiss x9ボディ(ブラック)は59,800円
  • 初心者に人気の単焦点レンズEF50mm F1.8 STMは14,790円

であり、合計で75,000円もかかってしまいます。

ペンペン
ペンペン
ボディだけじゃ撮影できないから、初心者は注意だよ〜〜

単焦点レンズとは、その名の通り焦点が1つしかないレンズのこと。

「画角(写真に収まる範囲)が決まっていてズームができないレンズ」と覚えておこう!

ズームができないかわりに背景ボケが綺麗で、さらに暗い場所でも撮りやすいという特徴がある。

 

そこで僕が購入したのが、レンズキットです。

canon eos kiss x9 EF-S 18-55 IS STM レンズキット ブラックは、

  • x9ボデイ(ブラック)
  • EF-S 18-55 IS STM という初心者向けレンズ

の2点がセットで65,076円(2019年3月時点)と、かなりお買い得です。

ペンペン
ペンペン
レンズキットとは、カメラ本体とレンズをセットで安く購入できる初心者にぴったりなものなんだ!

EF-S 18-55 IS STMは、焦点距離18mm〜55mmの間でズームできるレンズ。

スマホよりちょっと多くズームできるくらいのイメージで、初心者には十分。

 

カメラとレンズの他に、必ず一緒に買うべきものがあるので注意でしてください。

一緒に買ったもの

  • 撮った写真を保存するためのSDカード(32GBのもので十分)
  • 液晶保護シート
  • カメラを入れる用のバッグ(あると便利)

どれも1,000〜2,000円で買えるので、カメラと一緒に買いましょう。

とくにSDカードは絶対必要です。ないと撮れないので。

一眼レフカメラでプロみたいな写真が撮れた

 

カメラ購入後、近所の公園や展望台へ行って写真を撮りまくったので、その一部を紹介します。

これはカメラ購入直後に近所の公園で撮ったものです。

canon eos kiss x9で撮影したカメ

カメです。シャッター速度を早くすることで、動いてる生き物でも止まっているように撮ることができました。

スマホだとぶれてしまい、綺麗に撮れません。

canon eos kiss x9で撮影したカラス

水しぶきが止まっているように撮れるのも、シャッター速度を調節できる一眼レフならではですね。

ペンペン
ペンペン
一眼レフなら時が止まったような写真も簡単に撮れるね!!

 

これも近所の公園で撮った写真です。

canon eos kiss x9で撮影した花

F値を小さく設定することで、背景を綺麗にぼやけさせることができました。

スマホではこんな綺麗な背景ボケは得られません。

F値とは、カメラに取り込む光の量を数値化したもの。

F値を小さくするほど、明るくてボケの大きい写真が撮れる。

 

F値を調節することで、こんなかわいい写真も撮れちゃいます。

canon eos kiss x9で撮影したタンポポ
ペンペン
ペンペン
こ、これがインスタ映えってやつか. . . . .

 

これはカメラ購入1週間後に自宅で南京錠を撮った写真です。

canon eos kiss x9で撮影した南京錠

部屋の電気を消して勉強用の机のライトをつけ、真っ白な紙の上に南京錠と鍵を置きました。

何分もかけて南京錠の置き方や撮る角度を調整して撮った自信作です。

ペンペン
ペンペン
プロかよっっ!!!

 

スマホで撮ると小さくなってしまう月も、一眼レフならこんな大きく撮れました。

canon eos kiss x9で撮影した月

メルカリで買った望遠レンズで撮ったのですが、とっても綺麗です。

ペンペン
ペンペン
望遠レンズとは、遠くのものを撮るためにたくさんズームできるレンズだよ〜
  • カメラボディ本体と初心者用レンズ1つをセットで安く購入できるのが「レンズキット」
  • これとは別に、カメラボディ本体に初心者用レンズ、さらに望遠レンズもついてセットで安く購入できる「ダブルズームキット」もあり、おすすめ

 

これはカメラ購入1ヶ月後に展望台に登って撮った夕日の写真です。

canon eos kiss x9で撮影した夕日

同じく望遠レンズで撮りました。

さらに、明るさやホワイトバランスと言われるものを調整したりしました。

趣味で写真を撮る方には欠かせない”レタッチ”という作業です。

レタッチはカメラ本体やスマホ、本格的にやりたいならパソコンの無料ソフトでできます。

ペンペン
ペンペン
レタッチによって、さらにプロみたいな写真になるんだ!!

 

これは千葉の印旛沼という場所で夜明けに撮ったものです。

canon eos kiss x9で撮影した印旛沼

船で釣りをする人がちょうど朝日に照らされていて、まさに奇跡です。

終電で京成臼井という駅に行き、何時間も夜明けを待って撮影しました。

canon eos kiss x9で撮影した印旛沼の朝日

これは同じ場所で撮った朝日です。

 

ただの松も、一眼レフで撮ればこんなに可愛らしくなります。背景のぼやけが素敵ですね。

canon eos kiss x9で撮影した松

 

ただの川も撮り方次第でこんな良い写真になりました。

canon eos kiss x9で撮影した川
ペンペン
ペンペン
なんでもないものでも撮り方次第できれいに見えるのがカメラのいいところ!!!

 

ただの葉っぱもこんなカッコよく撮れました。

canon eos kiss x9で撮影した葉っぱ

 

ペンペン
ペンペン
これらの写真は全部、カメラを買ってから2ヶ月以内に撮ったものだよ!!!

一眼レフカメラを買うべき

 

一眼レフカメラの一番のメリットは、素人でもプロみたいな写真が撮れることです。

ここであげた写真は全部、カメラを買ってから2ヶ月もたっていない素人が撮ったのですよ??

すごくないですか??

ほかにも、

  • インスタやブログに写真をあげたり
  • 休日に友達と写真を撮りに出かけたり
  • 大切な思い出を綺麗に残したり

使い方は人それぞれで、誰にでもおすすめです。

女子からの"いいね"がほしかったんだ。だから一眼レフカメラを買った。俺は大学2年の春にキャノンの一眼レフカメラを買ったんだ。 なぜかって? 女の子からの”いいね”が欲しかったからだ。 ...