映画

映画メメントのあらすじと評価【映画界の異端作品】

今回は映画メメントを紹介します。ネタバレなしで、これからこの作品を観ようとしている人に向けた記事です。

ちなみに、「メメント」とはラテン語で「記憶」という意味です。

 

あらすじ

ある日、自宅に押し入った何者かに妻を強姦され殺害されたレナードは現場にいた犯人の1人を射殺するが、犯人の仲間に突き飛ばされ、その外傷で記憶が10分間しか保たない体になってしまう。

復讐のために犯人探しを始めたレナードは、覚えておくべきことをメモすることによって自身のハンデを克服し、目的を果たそうとする。

出会った人物や訪れた場所はポラロイドカメラで撮影し、写真にはメモを書き添え、重要なことは自身に刺青として彫り込む。

しかし、それでもなお目まぐるしく変化する周囲の環境には対応し切れず、困惑して疑心暗鬼にかられていく。

果たして本当に信用できる人物は誰なのか。真実は一体何なのか。

 

ラストから始まる衝撃の物語

普通の映画は、登場人物の回想シーンなどを除いて、通常時間軸に沿って物語が進んでいきますよね。

しかし、この映画は違うのです。

本来映画のラストに当たる結末を冒頭シーンで流し、そこから時間を遡りながら物語が進んでいくのです。

つまり、映画の冒頭で主人公レナードは一人の男を殺すのですが、そこから時間を遡っていき、なぜ彼が男を殺したのか、そこに至った経緯を見ていくということです。

 

10分しか記憶がもたない男

主人公レナードは妻が殺されるより前の記憶は覚えているが、それ以後に覚えたことは10分で忘れてしまいます。

つまり、妻が殺された後からの記憶が10分しか保てないのです。

 

そんな状態で、妻をレイプし殺した犯人を探すために、重要なことはポラロイド写真に残すか刺青として身体に掘るります。

彼は10分ごとに、身体中に掘られた無数の刺青とメモ付きのポラロイド写真を見て、今の状況と何をするべきかを認識するのです。

 

何が真実で何が嘘か….

10分前に何が起こったのか知ることができないレナードは、何が真実で何が嘘なのかわかりません。

身体中に掘られた刺青は必ずしも自分の意思で掘ったとは限らず、メモ付きのポラロイド写真は誰かが意図的に仕組んだものかもしれません。

知り合いのように話しかけてくる人物が、実は10分前に彼が殺そうとしていた人物かもしれないのです。

そんな中、彼は刺青や写真のメモを信じて犯人を探していきます。

 

誰も予想できない衝撃のラスト

この作品は、ラストがとても衝撃的で誰も予想できません

レナードが10分しか記憶を保てない中で命をかけて妻を殺した犯人を探していく物語の結末は、様々な伏線が一気に回収されて見事でした。

 

必ずもう一度観たくなる伏線

伏線が多く、ラストまでは常に謎が多いので、一回見終わった後にもう一度見返して、ここはこういうことだったんだなと理解したくなります。

それくらい複雑で見ごたえのある内容です。

 

たしかな実績

監督は巨匠クリストファー・ノーランです。

インディペンデント・スピリット賞にて、作品賞、監督賞を受賞しました。

アカデミー賞ではオリジナル脚本賞、編集賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では最優秀脚本賞にノミネートされました。

 

総合評価 75点

 

よかったところ

・10分しか記憶が保てない男が妻を殺した犯人を探すという衝撃の設定

・時間軸を遡って進んでいくストーリーが異例で他にない

・休む暇もないほどのスリルとドキドキ感、テンポの良さ

・次の展開が気になって飽きない

・伏線回収が秀逸

・ラストの衝撃

 

よくなかったところ

・とにかく難解

 

こんな人におすすめ

サスペンス系が好きな人

物語が進むごとに謎が解かれていき最後に全ての伏線が回収される作品に興味がある人

・難解な映画に挑戦したい人